So-net無料ブログ作成
検索選択

那須フィルハーモニー管弦楽団 第17回 定期演奏会 [コンサート記録]

皆様ご無沙汰しております。
今回は片道55キロのロングドライブになりました(ETCがないので高速道路は面倒)。
ほぼ道なりだったとはいえ、頭が痛いです(笑)
そして明日は歯科に行ってレジンの入れ替え(削って液を流して溶かす)を致します。
あの歯茎にやる麻酔の注射が痛いんですよ。
末期の虫歯って、あのような痛みがズンズンするんですかね。
だとしたら、夜眠れない痛さというのも納得ですよ。

さて本題。

IMG_0476.JPG

曲目:
シベリウス:交響詩「フィンランディア」Op.26
グリーグ:「ペール・ギュント」抜粋
イングリットの嘆き
山の魔王の宮殿にて
オーセの死

ペール・ギュントの帰郷
ソルヴェイグの歌
シベリウス:交響曲第1番Op.39

アンコールは同じくシベリウス:カレリア組曲から「行進曲」

田中祐子@那須フィルハーモニーo.

この会場の那須野が原ハーモニーホールというのが今まで行ったホールで一番でかい建物でした。
大ホールの正面上部にあるパイプオルガンが格式のある神々しい雰囲気を演出してましたね。
一度その音を聞いてみたいものです。
(来月あるようだが夜勤明けで断念)
音響も中々のものでした。

最初のフィンランディアから調子が良く、まるでベートーヴェンを振っているかのようなダイナミズム溢れるタクトに期待させるものがありました。何という雄々しさ!
これはこれでアリだと素直に感心致しました。

が、その角ばったスタイルも徐々に取れていき、滑らかなスタイルに切り替えていきましたね。
次曲の山の魔王~あたりからバテ気味なのが気になりました。ある種のインパクトやサディズムはここで鳴りを潜める形になっていたようだ。

正直、ヴァイオリンはあまり好みの音じゃなかったかな、と。これは個人レベルでの問題だとは思いますが、軽く浮ついた、水中の油のような感覚。もう少し重たさがあってもいいように思う。だからなのか、先ほど上記したベートーヴェンを振っているかのようで、実はそう聴こえてないと捉えたのかもしれない。

しかし就任2度目の演奏会とは思えない完成度の高さはあったのは間違いない。指揮者:田中氏の那須や那須フィルに対する愛着が、時折オケに見せた「息遣い」によく表れていた演奏会だった。

次回の9月の演奏会のプログラムはチャイコのバレエ音楽の抜粋にショスタコの「革命」らしい。
ここに来てショスタコとは・・・結構面白くなってきたぞお。
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

真岡クラシック音楽を聴く会 第14回演奏会 [コンサート記録]

アストル・ピアソラ タンゴの世界
EL Cielo2020コンサート

2016.2.20(土)
真岡市民会館小ホール

曲目:すべてピアソラ。
エスクアロ(鮫)
リベルタンゴ
ブエノスアイレスの四季「冬」
タンゲディア
オブリヴィオン(忘却)
ブエノスアイレスの四季「春」
コントラバヒシモ
ミケランジェロ
タンガータ
ブエノスアイレス午前零時
天使のミロンガ
悪魔のタンゴ
悪魔のロマンス
フラカナパ
ミルトンの肖像
セロス
ラ・カモーラ

アンコールは映画音楽「ゴッド・ファーザー」から「愛のテーマ」と
ピアソラ:悪魔退治

EL Cielo2020
桜井大士(vn)
原永里子(vc)
金森基(cb)
高木梢(p)

IMG_0474.JPG

皆様お久しぶりです。とりあえず生きてます。


EL Cielo2020の歴史はまだまだ浅く、去年の秋頃から活動された団体のようです。
なので地元でこんなオツな演奏会があるとは正直思ってもみなかった。
こういうところにスポットを当てた地元の財政団に感謝ですね。
きっかけは地元の総合体育館で見たポスターでした。
「まあ、小ホールとはいえ、オケだと空席目立つから当日券でええか」とタカをくくっていたら・・・
当日、キャンセル待ちになりますと言われました。
流石にかなりビビりましたが、何とか入場できました!

なので満席御礼の中で聴くことができました。
会場の中ではアンプがいくつかあったので、隅々まで音を拾っていく演奏を聴いたという経験はとても根気が要りましたが充実感は大きかったです。
勿論眠気なんてものはなく、集中した2時間小となりました。
どの曲も甲乙付けがたい名演でした。

一番びっくりしたのはコントラバス。楽器の限界に挑んだかのようなパフォーマンス、ピアノの伴奏との聞き分け困難なベースっぷりには脱帽しました。もっと耳が肥えていればかなり楽しめた演奏会だったのではないか。悔しいです(笑)

もう一度聴きたいですね。じっくりと。こういうのはもっとやってほしい。
因みにCDも販売されていました。コントラバス以外の3人のソロCDだったようで、とても残念でした。。。





頂いたサインがこちら。

IMG_0475.JPG

ベルリン・シンフォニカーの指揮者:リオール・シャンバダール氏に次ぐ2人目のサインになりました。
本品のレビューはいずれしたいと思っておりますが、今度は団体でCD出して欲しいですね。
今後益々のご活躍に期待を込めて一筆させていただきました。

タグ:ピアソラ
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ラフマニノフ自作自演~ピアノ協奏曲第2番・3番 [協奏曲]


ラフマニノフ:自作自演~ピアノ協奏曲第2番&第3番

ラフマニノフ:自作自演~ピアノ協奏曲第2番&第3番




2番はストコフスキー@フィラデルフィアo. 録音は1929年4月。
3番はオーマンディ@フィラデルフィアo. 録音は1939年12月と1940年2月。
ラフマニノフ(p)

元々はRCAだが、手元にあるのはSONYが出したBSCD2という最新のリマスタリング技術を駆使した一枚。

私は残念ながらLPの音を聴いたことがないが、全体を通してのくぐもった音質がまろやかで味わい深く、クラシックを聴くと眠くなる所以がよくわかる。
裏を返せば現代の音が鮮明過ぎるのか。しかしクラシックの歴史は江戸時代以上もある為、当時の音を現代に持ち越すことは無理に等しい。楽器も日々進化を遂げている。
そういった中で、戦前の録音のリマスタリングで自身の録音ともなると素晴らしいものを遺していってくださった、という感が強い。

演奏自体は早め。疾走するかのようだが、テンポを自在に操ってみたり和音を崩す、などの変幻自在なアプローチが際立って特別性を抱かせる。今まで感じてきた印象とかなりのギャップがある。
もっと、こう大河的で壮大なスケールで、演歌歌手ばりのタメと捻りを使った陶酔した演奏かと思っていたが、予想外のテンポで淡々と、常人よりも一回り大きな手でしれっと叩いてしまう。意味合いは同じだが、ピアノと言うよりハンマークラヴィーアな演奏だ。

ショパン:ピアノ協奏曲第1番・2番 [協奏曲]

昔はチェロ・ソナタがあることでもびっくりしましたが、協奏曲がある事にもびっくりしたわけです。
昔、どなたかの記事でちらっと小耳に挟んだ記憶もありますが。
学校ではショパン=ピアノという構図でしたから、あまり深くは教えて貰えませんでしたね。
さらにショパンやモーツァルトは女の子向けだという偏見も昔はありましたが、やはりそれは偏見の域でしかなく、恥じる次第であります。

さて、自分の最近の変化をさらっと言っておくと、久しく地元や隣町のCDショップで漁っていましたが、
地味に協奏曲が増えてきた次第になります。

このあたりで本題。


ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番

ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番




シャルル・デュトワ@モントリオールso.
マルタ・アルゲリッチ(p)

思った以上の名演ですね。協奏的な意味合いでは貧弱というイメージが強いですが、ピアノにおける詩的でロマンチシズム溢れる旋律はいかにもショパンらしい。

どちらかといえば第1番が好みですね。あたかも自分に品格があるように錯覚してしまう程の上品さは他では中々味わえない。
尤も、クラシック音楽というのはマニアほど、自分のような存在こそクラシックが相応しいという偉人ぶった人が多いが(元々は貴族に聴かせる音楽でしたから仕様だとしても)、しかしながらその心理を否定するつもりはありません。

演奏的には相変わらずの我が道を行くスタイルのアルゲリッチに対し、前夫のデュトワは後援のサポートに徹している印象を受けるものの、例の喧嘩したりくっついたりというアルゲリッチの個性はここではなりを潜めているように思える。
どちらかといえば、私が後ろについているから好きにやりなさい、という表現の方が合っているような気がする。
中学の耳コピ時代に丁度デュトワがN響就任していた頃なので、そういう意味で懐かしんだ動機が大きい一枚。

アルゲリッチほど人気で知名度があるということは、逆にそれなりにアンチも存在する。
個性があるということは逆に合わない曲もあったりもするものの、この録音から30年前のアバド@ロンドン響もちょっと聴いてみたいですね。なかなか興味をそそる内容でした。

タグ:ショパン
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

お久しぶりです。 [ひとりごと]

もう3年くらい経つでしょうか。三度目の再々出発になりますね。

タイトル通り、忘れられているかと思われますが、この3年は自分にとってかけがえのないものになりましたが、また始めようと思った理由はいくつかあります。


一つは、中学から聴いていたクラシックですが、一つの峠を迎えたこと。

そうですね、今まで聴いてきて良かったという心境に。ですが、一度は満足したその峠を降り、もっと見聞を広げようと思ったこと。

一つは家主になったこと。こちらは家庭的な意味ですが。

新卒から8年半、小遣い3万の他、親に預けられていた通帳ごと取り返す手段として、新築戸建てを購入するに至りました。
建売ですが、27歳家主です。あとは嫁だけだねと言われるのが辛いです。

よって、ある程度貯金ができるレベルに到達し(今まで残らなかったのはなぜか分かりませんが)、ようやく昔のようにどしどしレビュ~が出来るかな、というゆとりができたこと。

また昔のように豊富なネタが提供できれば幸いです。
nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。